日本酒でくだまき

日本酒でくだまき

日本酒に合うつまみについて

日本酒とは、米と麹と水を主な原料とする清酒のことをいいます。日本特有の製法で醸造されているお酒です。
美味しい日本酒を飲む場合、つまみもこだわることでより美味しく飲むことができるようになります。
代表的なつまみとしては、食事を合わせたり香りを合わせる、うま味を合わせる方法などがあります。
うま味が多く簡単なつまみとして人気なのが茹でて塩をふっただけの枝豆です。低カロリーでもしっかりうま味が堪能できる食材のためおすすめです。
低カロリーで手軽なものが良いという場合には、肉厚の椎茸をコンロなどで網を使って焼いていく焼き椎茸が美味しく、味も塩や醤油とシンプルに食べることができます。
高タンパクですがうま味の多い物としておすすめなのがお刺身になります。また、シソやネギ、合わせ味噌を合わせて粘りが出るまで叩いたなめろうも美味しいとされています。
こってりとした物が食べたいという場合には、牛もつの味噌煮込みなどがおすすめです。

日本酒との相性を考えて作るつまみ

日本酒によってつまみが美味しくなるだけでなく、両方の旨味が相乗的に高まり、極上の気分を味わえるのは素晴らしいことです。コクがある天ぷらと合わせれば、独自な芳香が最初に伝わり、口の中では複雑な旨味が生まれるようになります。刺身を食べるときには、魚の生臭みが際立つことがなく、逆に風味を倍増させてくれます。
魚介類との相性は特に素晴らしいですが、肉類と合わせる場合でも、日本酒の魅力を感じることができます。モツ煮込みはビールと一緒にするだけでなく、日本酒と飲む場合においても、素晴らしい調和を生み出してくれます。夏の時期には冷しゃぶと一緒に食べれば、後味が爽やかな風味が広がり、食欲も同時に増進します。
日本酒のつまみとしては、豆腐や油揚げを使った料理も素晴らしく、料理の種類の豊富さも特徴です。夏には冷奴にして食べてみれば、大豆由来の旨味によって、感動的な美味しさになります。油揚げは軽く炙って調理すれば、手軽なつまみとして利用できます。

recommend

住所貸しを利用する

Last update:2017/12/6

日本酒を楽しもう

 

おすすめの日本酒について

 

日本酒に合うつまみについて

 

全国に広がる日本酒の産地

 

日本酒は海外でも人気

 

お問い合わせ