日本酒でくだまき

日本酒でくだまき

全国に広がる日本酒の産地

日本酒の代表的な産地は西日本であり、京都府や兵庫県には大規模な酒造メーカーがあります。東日本においては、米所の新潟県が代表的であり、優秀な杜氏によって素晴らしい逸品が生み出されています。新潟県の隣りの福島県でも生産が盛んで、鑑評会でも評判を得ています。
首都圏で最も生産量が多いのは、荒川と利根川の伏流水を有する埼玉県であり、最近の日本酒生産量は全国で4位の実績があります。櫛引台地の北端部の深谷市や、武甲山の麓の秩父市内には、特に有名な酒蔵があります。他の産地では生産量が減少する傾向がありますが、埼玉県では今でも安定して推移しています。
九州地方の南部では焼酎の醸造が主流で、日本酒の生産量は少なくなっていますが、中には優良なメーカーもあります。生産量には大きな差がありますが、北海道から九州まで産地があり、気候風土に適応する日本酒が作られています。利き酒をして各地の産地の特徴を知ることは、醸造の歴史を知るためにも役立ちます。

日本酒の産地としての新潟県の役割

日本酒の代表的な産地となる新潟県は、酒造に適した気候風土に恵まれ、優秀な人材を輩出していることでも有名です。歴史的には越後杜氏と呼ばれる職人集団を形成して、競争が激しい日本酒の業界を牽引してきたことも重要です。
越後の冬は大変に厳しいために、杜氏を全国各地に送り込み、出稼ぎで収入を得ていたことが越後杜氏の始まりです。新潟県の日本酒が美味しい背景には、江戸時代からの歴史を有し、専門技術を駆使する杜氏たちの活躍があるのは確かです。
日本酒の産地として不動の地位にある新潟県でも、最近の食文化の変化に対しては、柔軟に対応することが難しくなっています。生産量は全国的に見れば減少傾向にあるため、新潟県内の酒蔵でも工夫をして、新たな顧客を獲得する必要があります。最近では海外からの需要が豊富ですから、酒米の確保も問題となっています。副産物の酒粕については、健康食品としての需要が根強くあるため、新潟県などの産地に対する期待も高まっています。

Favorite

リノベーションを京都で依頼

2017/12/6 更新

日本酒を楽しもう

 

おすすめの日本酒について

 

日本酒に合うつまみについて

 

全国に広がる日本酒の産地

 

日本酒は海外でも人気

 

お問い合わせ