日本酒でくだまき

日本酒でくだまき

日本酒を楽しもう

「日本酒」は米から出来ているお酒のことを指しますが、精米具合や使用する麹の種類、作られた季節、酒蔵によって味が大きく異なります。自分に合った日本酒を見付けるのは簡単なことではありません。
購入する場合には、実際に飲んだことのある人の感想などを参考にすると良いでしょう。また、好きな味があるという場合には、販売店などに出向き、どのような喉ごし、味わいが好きなのかを伝えるようにすると、最適なものを提案してくれるでしょう。 さらに、あらかじめどのような料理に合わせて飲むことが多いのかを伝えることにより、その料理の味を引き立てることが出来るお酒を選ぶことが出来ます。
日本酒の味は、飲み方によっても大きく異なります。種類により、冷酒や熱燗、ぬる燗など適している飲み方が異なる場合があります。購入する際に、アドバイスを受けるようにしましょう。
日本酒を飲む場合には、時々水も一緒に飲むようにしましょう。こうすることにより、深酔いを防ぎ、料理やお酒の味を鮮明に感じられるようになります。
保存する場合には、温度と光には気をつけるようにしましょう。直射日光が当たるような場所や温度変化が大きい場所は避けることが大切になります。

日本酒の分類わけと酒税について

日本酒は、水と米と麹を原料として作られた醸造酒です。「清酒」とも呼ばれます。日本酒は、「特定名称酒」と、それ以外の「普通酒」とに大別されます。このうち、特定名称酒は、その原料や精米歩合によって、本醸造酒、特別本醸造酒、純米酒、特別純米酒、吟醸酒、純米吟醸酒、大吟醸酒および純米大吟醸酒に分類されます。
また、割水や水調整をしていない「原酒」、製成後に加熱処理や火入れを行わない「生酒」、また、生酒の状態で貯蔵しておいたものを製造所から移出する際に火入れをした「生貯蔵酒」などといった分類わけもあります。
なお、かつては「特級酒」、「一級酒」、「二級酒」などの分類わけもありましたが、現在では廃止されています。
ところで、他のアルコール飲料の場合と同様、日本酒には酒税がかけられます。清酒1キロリットル当たりの酒税額は12万円です。この税金を支払うのは酒造メーカーで、出荷量に応じ課税されます。したがって、消費者が直接的に酒税を納めるわけではありませんが、酒税は日本酒の製造コストに上乗せされるため、販売価格に転嫁されます。販売価格のうち、一升瓶(1.8リットル)であれば216円、2リットルの紙パックであれば240円がその税金分です。

check

プロポリス

和装ウィッグを準備

ロレックス シードゥエラー 買取

最終更新日:2017/9/21

日本酒を楽しもう

 

おすすめの日本酒について

 

日本酒に合うつまみについて

 

全国に広がる日本酒の産地

 

日本酒は海外でも人気

 

お問い合わせ